海外中国の冊子印刷は結構雑だと思う。

海外と言っても中国なんですが中国の本屋さんとかに行って本とかを雑誌とか色々見ても思うのは冊子印刷が結構雑のような気がします。きちんとした本屋さんに行けば違うかもしれません。私は主人が中国人なので以前中国に行った時に娘がいるので娘に中国語を勉強させるために中国語の子供の教材を探していました。その時に入った本屋さんはそういった教育に関する物しか販売していない本屋さんでした。そこで中国の子供が勉強する教材を見てみましたが、どの冊子印刷もすごく雑でした。雑というか本当に簡単な作りの冊子みたいな教材でした。日本のとは全く違いました。紙の質もすごく薄っぺらな感じの紙であったしすぐに破けてしまいそうな表紙でもあったので本当に安いだろうという事が一目瞭然の教材でした。でもそれの方が良いと思いました。子供なのですぐに破ってしまうし落書きばかりするのでそんな高い教材は必要ないので私にはすごく好都合な教材でした。とにかく勉強がきちんとできて安ければそれで良いと思います。紙とかも日本のは良すぎると思いました。そんなに良くなくても良いです。私は逆に日本は贅沢だと感じました。もう少し日本も紙質は落としても全然良いと思います。

日本と海外の冊子印刷のための機械の違い

日本は現在でも機械の技術が高いと思います。少し私も海外の冊子印刷について知りましたが、日本よりも生産量が多いので、機械も違うのかもしれないという印象を持ちました。機械自体も大きいですし、速さもあると思います。でも、だからといって日本の企業に向いているかという点は様々な意見があるようです。ボランティアとは違い、料金の発生する仕事の場合、そのような機械を導入してその分を収入として得られるのかという話もあります。さらに、最新の機械によっては、少しの故障でも多大の損失を被るものもあるようで、本当に金額的にその面でも大丈夫だとうい所が海外の機械を置いているようです。世界的にも、日本でも、購入して読まれている冊子の数について知りましたが、日本もある冊子は世界の中のランクに入っていますので、これからもしかしたら、どんどん海外のものも日本で使われるかもしれません。日本の場合も、技術が高いので、それを海外にもいかせれば、お互いに良い面を使えて良いのではと思います。日本でも、環境に優しかったり、コストを削減できたりと、多くの利点があると思います。日本も技術だけではなく、そのようなことも重点に置かれていますので、海外との違いもそれほど大きくはないかもしれません。

コメントを残す